毎月15万円の借金返済はキビシイ?毎月17万円返済した私の過去の体験談

毎月15万円の返済はキビシイ?

・100万円以上の借金をなるべくはやく返したい
・月に15万円以上支払いに回すことができれば借金返済が加速するのに
・収入が下がってしまったので。毎月15万円の返済は無理?
・毎月15万円も返済に回すと、家計が苦しいんだよね

と、お悩みではないですか?

確かに毎月15万円以上を返済にまわしていると、生活費や食費などに使うお金がほとんどなく苦しい思いをして生活してしているかと思います。

その気持ちよくわかります。

実は私も過去に、ギャンブルが原因で100万円ほどの借金を作ったことがあったのですが、その返済に毎月17万円以上支払って、かなり短期間に返済を終わらした時期がありましたので、毎月15万円以上を返済に回す苦労は私にも十分よくわかります。

とはいっても、毎月15万円を返済に回すのであれば、残ったお金はなるべく賢く使って貯金をしたり、またその中で余った金額に関しては、返済にまわして、なるべく早く返済を終わらしていきたいですね。

ということで本日は、私が毎月17万円以上を返済した方法と、その時に実際にやって役立った節約術に関して紹介していきますね。

ギャンブルで気が付けば100万円の借金

当時の私は若かったです。そして周りにギャンブル好きの友達が沢山いました。

となってくると私も友達のつき合いでだんだんとパチンコスロットにのめり込み、気が付いたら100万円と借金を背負うことになっていました。

「これで勝ったら返せる」なんて感じで、仕事が終わってからはほとんどギャンブル漬けの毎日。

そんなことをしていれば給料あっという間になくなり、消費者金融の借入枠やクレジットカードの現金枠もあっという間に使い切って、気が付けば借金100万円になっていたのです。

今考えれば、ギャンブルのために、商社金融の借入枠やカードローンの現金枠を使うなんてとても馬鹿げていますが、当時はそれが普通で、給料が入ったらとりあえず最低の支払い金額だけ払っておけば大丈夫、なんて甘い考えでしたので、もちろん支払いに対するシミュレーションなんかも全然計算していなかったし、支払い期限のことなんて全く考えていませんでした。

そしてギャンブルに夢中になっていくうちに借金100万円!

ここは私のターニングポイントで、借金100万円に届いたところで目が覚めて「よし、真面目に借金を返済しよう。」となったのです。

毎月の返済額は17万円

借金を返済しようと決めた時に、なるべく早く借金を返済しないと、長く借りている分、金利も増えて、より多くの金額を返済しなければならない、とわかっていたので、私の場合短期間勝負に出ました。

具体的に言うと、毎月15万円以上の返済を目標に決めました。

毎月150000円以上返済すると、金利抜きで考えると、だいたい半年で90万絵の借金が返済できることになります。

そうなってくると、ボーナスも込み込みで半年で100万円を返済することも無理ではないと分かっていたので、最初の目標として、「毎月150000円以上の返済」を目標に立てました。

でも、仕事でどんだけ残業しても、毎月150000円を返済に充てることができないんですね・・・。

なので私の場合、割り切って仕事のない土曜日と日曜日には、「日払いのアルバイト」お副業ですることに決めました。

具体的に言うと、仕事のない土曜日と日曜日のいずれかもしくは両方にアルバイトをすると、遅くても月曜日には、自分の銀行の口座にアルバイト代が振り込まれています。

そうなってくると、そのお金を使って、その週の食費や生活費などは何とかできますので、そのお金で、次の土曜日や日曜日のアルバイトまでの生活費を何とかしていました。

土曜日と日曜日、2日間働けば1万5千円~二万円にはなります。

もちろん自分の都合やアルバイト先の都合で、2日間働けないこともありましたが、なるべく2日間働くことによって、わずかずつですがアルバイト代も貯金できるようになりました。

その結果、もちろん給料にはほとんど手をつけない状態ですので、給料の大半を支払いに回すことができます。

(スマホ代や生命保険といった金額は引かれてますので、厳密には給料のすべてを返済にまわしていたわけではないです。定期的に聞かれたもの以外のほとんどすべてを支払いにまわしていました。)

給料が入ったら、そのほとんどを支払いにまわして、食費や生活費などは土曜日と日曜日に働くアルバイト代で何とかする、というのが私の大ざっぱな返済シミュレーションですがこれがうまくいい循環を作って、半年で100円の借金を返済完了することに成功しましたよ。

返済に関しては、毎月返済する金額から残った借金の金利や返済シミュレーションといったものに関しては全く計算していませんでした。

私もその時は若かったので「なるべく早く返せばなるべく金利が少なくて済む」ぐらいの感覚で体力任せでガンガン日払いのアルバイトをして借金返済を頑張っていた記憶があります。

で半年経って借金の返済も完了して、日払いのアルバイトをやめようかな?と思ったのですが、私の場合、まとまったお金が貯蓄として欲しかったので、さらに半年、本業の仕事といって同時進行で日払いのアルバイトをしました。

残りの半年でためた金額は、大体100万円!
1年前にあった借金とほぼ同額の金額を貯金にすることができたので、自分としてはこの方法は成功者と思います。

借金返済中に新たに借り入れ枠を作るのはありか?

借金返済中に、新しく消費者金融の借入枠や、クレジットカードの現金枠を作るのはアリかどうか?ですが、私の場合ありだと思います。

その理由は簡単で、結婚や葬式入院の見舞いなど、まとまったお金が急に必要になったときにお金を出し入れできるので、そういったときにスムーズにお金を出し入れするためにも、普段は使わないような現金枠は作っておいたほうがいいと思います。

私も借金返済の期間中に、自分が普段使っている自動車が故障してしまって、急にお金が必要になったときがあったのですが、あらかじめ「万が一の時のため」に作っておいた消費者金融の借入枠から現金を引き出して支払いに使ったため、車の故障もスムーズに直してもらうことができ、その結果仕事に支障が出ることはありませんでした。

こういった感じで、お金がない等いろいろなことがスムーズに回らない可能性が出てきます。

なので、万が一の時のことを考えて、借金返済中ですが、「ちょっと危険かな」と感じているのであれば、新しいカードを作って現金枠を増やしたり、消費者金融からの借入枠を新しく作っておくのはアリだと思いますよ。

もちろん、借金返済中ということなので、新しく作った現金枠にてを出してしまうと、借金を返済するどころか、借金が増えてしまいますので、こういったものは「万が一の時のため」といった感じで、私の場合、そのカードは財布に入れて持ち歩かずに、封筒に入れて自分の机の中にしまっておきました。

そうすることで無駄遣いもすげますからね。

そんな感じで自分ながらに工夫して「借金返済中だけれど、緊急な場合にはスムーズにお金が流れるようにする」といった工夫をしてみてください。

葬式や結婚式に借金返済中だから出席できない、なんて言い訳をすると、関係者からは白い目で見られますので、なるべくそういったことはないように、やはり、万が一のことを考えて、抜け道が作っておいたほうがいいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

◆寮付きの仕事を探すならここ!
月曜日に登録して水曜日には住み込みで働くことも可能!


◆日払いOKのバイトで現状打破!
お金がない時は本当に助かっています