手取り15万円で借金がある場合の返済方法!返済を加速させたい時はこれが最適!

手取り15万円で、借金があるのだけど…

・月給が少ないので毎月少額しか借金を返済できない
・一人暮らしだと何かとお金がいるのでなかなか返済額が減らない
・毎月毎月借金のために働いているような感じでもう嫌!
・自己破産しかないのかな・・・
・自己破産はしたくない
・緊急でお金が必要になった場合にちょっと困ってしまう

と、お悩みではないですか?

確かに、少しぐらいの借金であれば毎月確実に返済していること、着実に減っていくのですが、手取り15万円となってくると、毎月の返済額も少ないので、その結果返せる金額も少なく、なかなか借金が減っていかない場合が多いですね。

毎月少ない収入から返済していても、結婚式や葬式、入院の見舞いなので、緊急にまとまった金額が必要な時に、せっかく返済した。お金に手をつけてしまって、また逆戻り…なんて生活をしている人も多いと思います。

そんな借金生活が長く続くと、自分は借金返済のために働いているのかな…」なんて考えてしまって、身も心も病んでいく場合もあります。

なのでできるだけ早く、借金の支払いを終わらせておきたいところですね。

ということで本日は、手取り15万円で借金がある場合の返済方法について紹介していきます。

手取り15万円で借金があるのであれば

まず借金の原因についてですが、人が借金をする理由は二つあります。

1.支出が多い
2.収入が少ない

支出が多い場合、生活費や食費などを節約して、毎月の出費を抑えることで、その分のお金が浮いてきますので、そのお金を丸々借金の返済に回すことができます。

そうなってくると借金の返済は加速してきますので、まずは支出を見直してみましょう。

支出の見直し方はとても簡単ですよ。

A4サイズの紙とペンを一本用意してください。

その紙に、毎月毎月生活や支払いなので出て行くお金とその理由を書いてください。

具体的に言うと

・自動車のローン代:○万円
・スマホ代:○万円
・(一人暮らしであれば)家賃:○万円
・光熱費
・食費
・生命保険代
・ガソリン代
・雑費
・インターネット代
・自動車の保険代
・消費者金融の支払い
・カードローンの支払い
・ギャンブル

などなどあるいろいろあると思いますが、なるべく詳しく紙に書き出してみてください。

そうすることで、今までアバウトにしか把握してなかった毎月出て行くお金が、見えるようになってきます。

いわゆる「支出の見える化」ですね。

支出を見えるようにすることで、毎月の生活にかかるお金が把握できますので、まずは一旦この方法で書き出してみてください。

書き出すのが終わったら次はいよいよ節約についてです。

といってもものすごく簡単なんですよ。

紙に書き出した、毎月生活にかかるお金の一覧のキーワードを使っていきます。

書き出したキーワードの隣に「節約」とか「格安」みたいな言葉を入れて検索してみるのです。

具体的に言うと

・食費 節約
・スマホ代 格安
・ガソリン代 節約
・生命保険 節約

といった感じになります。

こんな感じで、先程紙に書き出したキーワードに「節約」とか「格安」といったキーワードを入れて検索することで、いろいろな情報が出てきます。

この情報は、自分で考えたり、家族で考えたりしただけでは思いもよらなかった情報を見つけることがありますので、ぜひやってみてくださいね。

そんな感じで、毎月の支出を減らしていくことで、お金が余るようになりますので、そのお金を貯金にまわしたり借金の返済に回すことができるようになってきます。

それでもだめな場合

毎月ちゃんと節約をしているのになかなか借金が返せない…のであれば、それは、「支出」ではなく「収入」に問題がある可能性があります。

手取り15万円で借金生活…なのであれば、私は収入に問題があると考えます。

手取り15万円はちょっと少ないですよね・・・。

なので収入を増やしてこう方法ですが、私の場合、過去にギャンブルで100万円ほど借金を作ったことがあるのですが、その時は、本業とは別に副業をして、借金100万円をわずか半年で返済完了しました。

もう少し具体的に説明しますね。

私の過去の体験談ですが、ギャンブル依存症で借金100万円作った過去があります。

その時に働いていた仕事は、土曜日と日曜日休みでしたので、毎週その2日間「日払いのアルバイト」を本業とは別にやっていました。

いわゆるwワークですね。

土曜日と日曜日の2日間まるまる働くと、収入にして大体1万5千円~2万円くらいに当たります。

これって結構大きな金額ではないでしょうか。

そのお金を使って、1週間、つまり次の日払いのアルバイトができる土曜日と日曜日までの生活費や食費にまわしていました。

もちろん余ったお金は貯金や借金の返済、そして、葬式や結婚式、入院の見舞いなどの緊急にお金が必要な場合のためにとっておきましたよ。

土曜日と日曜日の2日間、ということですが、バイト先の都合や自分の都合なので、一日しか働くことができない、とか、その週の土日は全く働けない、なんて場合もありましたが、働ける時にガッツリ働いて、そのお金を少しずつ使っていくことで、給料にはほとんど手をつけずに食費や生活費を日払いのアルバイト代でまかないました。

となってくると、給料が余ってきますよね。

なので給料のほとんど全額を借金の返済に回すことで、借金の返済が加速し、わずか半年で100万円と借金を返済完了することができました。

これは私の過去の経験ですが、ネットを調べてみると、「日払い OK のアルバイト」の求人情報は結構いろんなところで見かけますよね。

なのでそういったところのサイトに登録して、実際に働いてみることをおすすめします。

別に土曜日と日曜日だけ、に限らず、

・仕事が終わってからのスキマ時間
・空いている日だけ出勤 OK
・週2でOK

みたいな求人情報はいくらでもあります。

なのでそう言って求人情報を自分で見比べてみて、自分の本業に差障りのないようなアルバイトであればぜひチャレンジしてみてください。

借金の返済中に新しくカードを作るのはありか?

借金の返済中、ということで

・消費者金融から新しい借入枠を作ったり
・カードを新しく申し込んだり

といったことを考えてる人も多いと思います。

新しくカードや現金枠を作るのはあり?

私の過去の経験から言えば、万が一の時のためにすぐに借り入れができる枠を作っておくことはありだと思います。

自分ではどうしょうもないよな、緊急でまとまったお金が必要な時ってありますからね。(葬式や結婚式、入院のお見舞いなど)

和菓子も過去に借金返済中に、車が故障してしまってまとまったお金が必要だった時に、万が一の時のために作っといたカードで支払うことで何とか切り抜けることができました。

なので、借金返済中だから…といったことにこだわらずに、緊急にお金が必要な時に手持ちのお金がないような状態であれば、消費者金融からの借入枠やクレジットカードの現金枠を作っておいたほうがいいと思います。

もちろんこの枠に関しては、「万が一の時のため」ですので、日常の生活費や食費のためのお金ではありませんよ。

そういったお金は、本業や副業のお金で何とかするようにやりくりをうまくやってください。

このために手をつけてしまうとどんどん借金が増えてしまいますので、本当に「万が一のため」にとっておいてくださいね。

そういうふうな使い方をするのであれば、消費者金融の借入枠やクレジットカードの現金をあらかじめ作っておくのは賛成です。

その方が、いざというときにスムーズにお金を出すことができますからね。

あなたの成功をお祈りします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

◆寮付きの仕事を探すならここ!
月曜日に登録して水曜日には住み込みで働くことも可能!


◆バイトが決まればボーナス!って、他でバイトを探すならここで見つけたほうがお得!ってことですね。
お金がない時は本当に助かっています