消費者金融の差し押さえは無職でもあるの?差し押さえになるまでの段階はこれ!

消費者金融の差し押さえは無職でもあるの?

・借金の支払いを滞納してしまって督促状が来た
・会社の給料が差し押さえの対象になる、とは聞いたことがあるけど…
・銀行口座にはお金がほとんど入っていない
・無職だからもちろん収入もない
・いきなり強制執行で差し押さえってあるの?

と、お悩みではないですか?

消費者金融からお金を借りたのだけれど、無職になってしまって、借金の返済を滞納してしまった…いきなり差し押さえを強制執行されることってあるの?

と、心配になっている人も多いと思います。

まず結論から言うと、消費者金融から借りたお金を無職で給料がないからといって返済を滞納してしまったからといっても、いきなり強制執行で差し押さえになることはありません。

とはいっても、何もしないでほうっておくと、差し押さえになる可能性が高まっていきますので、何とかしておきたいところ。

そこで本日は、消費者金融の差し押さえにかんして紹介していきますね。

消費者金融が財産をいきなり差し押さえることはない

無職になってしまって、消費者金融から借りたお金の返済が滞ってしまった…とはいっても、すぐに差し押さえになるわけではありません。

なので心配しなくてもいいのですが、今回は、消費者金融が「差し押さえ」を決めるまでの段階について紹介していきますね。

まず最初に、支払いが延滞してしまうと電話がかかってきます。

これは消費者金融やクレジットカードを利用してる人ならたまにあると思います。

うっかり間違えてしまって、返済期限を過ぎてしまった時に、消費者金融やカードローン会社から電話がかかってきて

「どうしたんですか?返済期限が過ぎていますよ?」

といった電話がかかってきます。

この時に「うっかりしていた」みたいな感じで電話に受け答えをして、すぐ返済をすれば全然問題はないのですが、返済するお金がない場合、返済を延滞してもらうことになります。

返済を延滞する場合、最初の一回、二回であれば、消費者金融側も「それだったら仕方ないですね…ですが、延滞金に関しては…」みたいな感じで電話での受け答えで、返済の延滞を了承してくれる太陽の場合が多いのですが、

・何度も何度も滞納したり延滞する
・数ヶ月にわたって支払いを滞納している

といった場合には、消費者金融も待っていません。

なので電話での受け答えで借金の返済を延滞するのは、最初の数回が限度、と言えるでしょう。

そして先程も言ったように何度も繰り返し滞納したり、返済を延滞したりまたは数ヶ月にわたって支払いを滞納しているような場合、そして何度電話をかけても電話に出ない場合であれば、消費者金融側は次に電話ではなく、「手紙」を使って対応してきます。

電話での対応が第1段階とすれば、手紙での対応は第2段階、いわゆる催促状とか言われてるものですね。

催促状の内容としては、「借金の支払いが遅れていますよ。できるだけ早く支払ってくださいね。」みたいな感じの内容となっています。

内容証明郵便で送られてくる場合もありますよ。

ここで、消費者金融からの手紙を受け取って、ちゃんと支払ったり、もしくは支払う約束をするのであればいいのですが、それでも無視して借金の支払いを滞納してしまった場合、次の段階として、消費者金融側の社員、もしくは雇われた人が登録してある住所に出向いて実際に生活しているかどうか?の確認をする場合があります。

貸してる側の訪問、これが第3段階ですね。

・電話での対応
・手紙での対応

それでもまだだめな場合、直接本人に会って借金の支払いを催促したりこれからどういったふうに返済をしていくのかの話し合いになります。

お金の貸し手が滞納者の家に借金の取り立てに行ったり話し合いに行くことは、常識的な時間や回数の範囲でなら法律的に認められているのです。

いきなり怖いお兄さんが来ることはないので安心してください。

話し合う内容としては、

・今現在どのくらいの支払いが滞納しているか
・これからどうやって支払いをしていくか
・月々の給料はどのくらいで無理のない返済プランはどんな感じなのか?

といったことを一緒に考えるようになります。

もちろん無職でお金がない…となってくると、保証人の方に行く可能性も出てきますのでできればこの段階に来る前の段階、「電話」や「手紙」の段階で何とかしておきたいですね。

3ヶ月滞納するとブラックリストに

消費者金融からの借金を3ヶ月以上滞納すると、ブラックリストに載ってしまいます。

これはどういうことか?というと、信用情報機関という借金をしている顧客の情報を共有する期間があるのですが、それにあなたがブラックリストとして持ってしまうのです。

そうなってくると、他の金融機関から新規に借り入れたりすることができなくなってしまう可能性がありますので注意してください。

信用情報機関はいくつかあるのですが、消費者金融だけでなく、

・銀行
・クレジットカード

といった金融機関も加盟していて情報を共有・交換していますので、そのリストにあなたが「なかなか返済してくれない」とのってしまうと、他の金融機関からの融資が受けられなかったり、自動車や住宅ローンも組みにくくなってしまいますので、できればこの段階になるまでに何とかしておきたいですね。

それでも借金を返さないと、給料や財産が差し押さえの対象に

・電話での対応
・手紙での対応
・直接会っての対応

といった感じで、借金の督促をしているにもかかわらず、返済が滞って滞納しているのであれば、次はやはり「財産の差し押さえ」になってくる可能性が高いです。

といっても、財産の差し押さえに関しては、いきなり家財等の資産をお差し押さえられることはなく、その前に裁判所で裁判をすることになります。

これは働いているとか、無職だから、といったことにかかわらず、法律に従って執行されるものなので、ここまで行くとちょっとややこしくなってしまったり、弁護士の助けが必要になってきます。

なのでできれば「差し押さえ」になる前の段階で何とかしておきたいですよね。

まとめ

消費者金融が財産を差し押さえるまでにはいくつかの段階があります。

1.電話での対応
2.手紙での対応
3.直接会っての対応
4.裁判所での対応

こんな感じで段階を踏んでいるにもかかわらず、借金を返さないのであれば財産を差し押さえられる可能性が出てきますので注意してくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

◆寮付きの仕事を探すならここ!
月曜日に登録して水曜日には住み込みで働くことも可能!


◆バイトが決まればボーナス!って、他でバイトを探すならここで見つけたほうがお得!ってことですね。
お金がない時は本当に助かっています