仕事してもお金がない!精神的に追い込まれてしまう前に知っておきたいこと

仕事してもお金がない・・・

・給料は殆ど支払いに使ってしまう
・仕事しても生活が楽にならない
・ストレス解消で使ってしまう
・実家に頼る訳にはいかないし・・・
・このままでは精神的におかしくなってしまいそう

と、お悩みではないですか?

たしかに、貯金したり生活を豊かにするために仕事をしているのですが、仕事をしてもお金がないのであれば、ストレスもたまってしまい、精神的にもきついですよね。

仕事をしてもお金がない・・・

以前の私も、クレジットカードの支払いやギャンブルでほとんどなくなってしまい、給料日から1週間ほど経つと、「次の給料日まではあと1万円しかない・・・」といった状態で生活していました。

ですが、自分を客観的に見つめることで、この状況を解消することができ、ちゃんと貯金もするようになりましたよ。

そこで本日は、私が試して効果があった「仕事してもお金がない」といった状況を解消するための方法を紹介していきますね。

仕事をしてもお金がないのであれば、原因を探ってみる

・仕事をしてもお金がない
・給料が出てもすぐに使ってしまう
・毎月決まった額を支払うと、給料がほとんどなくなってしまう
・お金がないので精神的にストレス

といった状況であれば、まず最初にやって欲しいことは「収入と支出の見える化」です。

これはとても簡単で、すぐにできますので、一緒にやってみましょう。

まず用意するものは、A4サイズの紙1枚と鉛筆もしくはボールペンなどの筆記用具です。

A4サイズの紙を半分に折り、左側に「収入」右側に「支出」と上の方にわかりやすく書いておきましょう。

そして、1ヶ月に稼ぐ金額、つまり給料や副業などで自分に入ってくるお金を左側に書いてください。

・給料 ○万円
・副業 ○万円

といった感じでしょうか。

収入の欄に書く項目に関しては、少ないと思います。

これで一旦収入の欄に関しては終了します。

そして次に大事なのは「支出」の欄に書いていくことなんですが・・・これって結構いっぱいあるので、なるべく思い出して詳しく書いてくださいね。

例えば、

・アパート代 ○万円
・スマホ代 ○万円
・自動車の任意保険代
・自動車のガソリン代
・生命保険代
・年金
・税金
・食費
・光熱費
・雑費
・クレジットカードの支払い

などなど沢山あると思いますが、1ヶ月に出て行くお金の内訳をちゃんと知りたいので、できるだけ詳しく書いてくださいね。

ギャンブルで負けたのであれば「ギャンブル代○万円」みたいな感じでちゃんと書いてください。

収入と支出の一覧を紙に書いたのであれば、ここで一旦終了です。

「仕事してもお金がない」のであれば、この紙に書いた収入よりも支出のほうが金額は大きくなっているはずです。

もし、「仕事してもお金がない、貯金がほとんどできていない。」といった状況でも、この紙に書いた収入よりも支出の方が低いのであればもう一度見直して、他に支出がないか調べてみてください。

収入と支出をについて書いた紙がなるべく今の状況に近づいたのであれば第一段階は終了です。

なんとなくぼんやりしていたものが見えてきたでしょうか?

次にこの紙を使って節約できる部分を見直し行こうと思います。

節約できる部分を探してみる

仕事をしてもお金がない、貯金ができなくて貧乏のまま・・・なのであれば、そこには理由があります。

貧乏である理由は、この紙に書いてある「支出」の部分で節約できるのものに関しては、どんどん節約していくことで、結果的に支出を減らし、貧乏から脱出できます。

なので、仕事してもお金がないのであれば、まずは支出を見直してみましょう。

例えば、スマホ代が1万円以上かかっているのであれば、格安スマホにするなどして節約できると思います。

また、自動車のガソリン代なども地域で安いところを探すことによって節約につなげたり、ポイントバックが多い店を探すなどして節約することもできますよね。

さらに、自動車の任意保険代と生命保険代に関しては、プランの見直しをすることで毎月かかる保険代を抑えることができます。

実家に住んでいて、自動車は自分以外の人も使うのであれば、実家の人に一部負担してもらうのももちろんありですよね。

加えて食費に関してもまだまだ節約できる余地はあるかもしれません。

例えば、「シュフー」という無料アプリを使うことで、近所のスーパーのチラシを無料で見ることができます。

このアプリを利用することでなるべく安い食材を買うための情報が無料で手に入りますので、こういったことをして食費を抑えたりすることも可能ですよね。

そんな感じで、節約できる部分に関しては、ガンガン節約して貧乏から脱出するようにしましょう。

それでもだめな場合

節約できることに関しては、かなり節約している、しかしながら、それでも仕事をしてもお金がない・・・のであれば、これは節約のやり方が原因なのではなく、給料が低いことが、貧乏である原因といえます。

そうなってくると次に打つでは、

・転職活動をして給料の良い就職先を見つける
・副業をして今の給料+αで稼ぐ

といった方法しかないですよね。

とはいえ、仕事をしてもお金がない・・・貯金もできないと言って状況で、仕事を辞めて無収入になって転職活動をすることはあまりおすすめしません。

転職活動が長引くことで、ただでさえ少ない貯金がどんどん減っていきますので、なかなか転職できずに無職の状態が長く続くと精神的にストレスがたまってしまい、いつかは我慢の限界が来ると思います。

なのでおすすめしたいのは「副業をして今の収入+αで稼ぐ」ことですね。

今の会社は給料が少ないので辞める前提で働く、しかしながら貯金がないのでその分は副業で何とかして、ある程度まとまった金額がたまったら仕事を辞めて転職活動をする。

といった流れで、副業してみるのいかがでしょうか?

今の会社で働いても給料が少ないし、副業は禁止されている・・・とは言ってももう辞める予定なので副業は禁止されているなんて気にしなくていいと思います。

それよりも自分の人生の将来を見据えて、転職活動のために副業してお金を貯めていくことが重要なのではないでしょうか?

副業に関して

副業に関しては、「日払いのアルバイト」がおすすめです。

理由は簡単で、日払いのアルバイトだと、計算が楽だから。

例えば、今の仕事は土日休みだとします。

そうすると、土曜日と日曜日は、アルバイトをすることができますよね。

そこで稼いだお金は日払いなのですぐ手に入ります。となってくると、そのお金を使って次の土日までの食費や生活費に充てることができますね。

これを繰り返していくことで、生活費や食費に給料をほとんど使わずに日払いのアルバイト代だけで何とかやりくりしてその上貯金もしてみると、かなり早くお金が貯まるし、何より、計算がとても楽ですよ。

給料もらって1ヶ月分の計算をする、となるとちょっと気がゆるんでお金を散財しがちですが、「土日に稼いでそれを次の週で使う」といった短いスパンで考えるのであれば、ちゃんとやりくりの計算もできるし、きも引き締まると思います。

そんな感じでお金をまわしていくことで、気が付いた給料はほとんど手付かずで残っている・・・ってなりますので、日払いのアルバイトを私はおすすめします。

あなたの成功をお祈りします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

◆寮付きの仕事を探すならここ!
月曜日に登録して水曜日には住み込みで働くことも可能!


◆バイトが決まればボーナス!って、他でバイトを探すならここで見つけたほうがお得!ってことですね。
お金がない時は本当に助かっています